コピー機をリースする


企業がコピー機のようなOA機器を導入する際、リース契約の利用が多い傾向にあります。リース契約をしてコピー機を購入するというシステムについて、簡単に説明すると、OA機器のメーカーと、導入したい企業の間に、リース会社が間に入って代わりに支払いをし、その料金に手数料等を加えた額に対して、企業が月々返済していくという仕組みが「リース契約」となります

リース契約コピー機等のリース契約の大きなメリットとは、初期費用がほぼゼロ円で導入できる点にあります。リース会社が代行して代金の支払いを行う為、最初に企業側の運用資金が一気に出ていくことはありません。また、リース契約を利用する際に審査がありますが、銀行からの借入れ金の審査に比べると格段に簡略化されており、気軽に申込みができるという点でもメリットと言えるでしょう。企業としては、大事な運転資金としてキープできますので、有り難いシステムということになります。また、リース契約は、経費扱いにできる為、毎月固定料金になります。ランニングコストが分かりやすく、把握しやすいことも便利な点です。また、リース会社が購入する形になる為、所有権を持ちません。税金等の面倒な事務処理がないことで、負担の軽減にもなります。