OA機器の導入方法


オフィスで使用するOA機器について、導入を検討されている場合、その導入方法について悩まれている方もおられることでしょう。オフィス用機器となると一般家庭用の商品とは異なり、かなりの高額になりますし、企業側としては、できれば安い費用で導入したいと考えます。

OA機器一般的に、企業が活用するコピー機等のOA機器の導入には、新品の購入、あるいは中古品の購入、リース契約での購入の大きく三つの手段があります。新品購入の場合は、やはり導入の際の初期費用がデメリットになりますが、その分、商品のクオリティにおいては安心して使うことができます。導入後のランニングコストも品質が良い分少なくて済み、丁寧に扱えば長く使用できますし、故障等のトラブルも少ないというメリットがあります。中古での導入の場合は、新品よりも遥かに安い価格で、欲しい機能、品質を求めることが可能です。ただし、やはり中古である限り、新品よりは故障する確率も高くなることは確かです。その際のメンテナンス費等についてはデメリットになると言ってよいでしょう。

OA機器の導入方法は、その企業の方針、予算、条件によって適した方法は異なりますので、どれが一番適しているかは一概に決まっていません。導入を検討されている企業の担当者の方は、どの導入方法が適しているのかを考える為に、各方法についてのメリット等を理解しておく必要があります。それらをふまえて、導入方法を決定するようにしましょう。